時事ニュース

トヨタが国内5工場稼働停止いつまで?日産やホンダやスズキの状況は

トヨタ自動車が3月23日に新型コロナの影響で国内の5つの工場7ラインの一時停止をすることを発表がありました。

4月3日より工場の稼働が止まってしまいますがどうなるのか不安になってしまいます。

 

今回の発表を受けて、関連会社への影響や他の中小企業は大丈夫なのか、トヨタ関連の会社は今後どうなってしまうのでしょうか。

新型コロナウイルスはアジアでの広がりから、欧米での感染が拡大しており外出禁止から集団的な行動の自粛など私たちの生活にも活動の制限などが出てきています。

 

トヨタ自動車は工場の一時停止に踏み切りましたが、日産、ホンダ、スズキ、三菱、スバルなどの他メーカーの工場稼働についても影響が出てこないかも気になります。

身の回りで起きていることなど、ネットで伝えられている情報を集めてみましたので参考にしてみて下さい。

トヨタの5つの工場の一時停止での影響は

工場の一時停止による影響は、3万6000台の減産(高級ブランド「レクサス」を含む)

5つの工場と7ラインの一時停止の措置で各工場2~9日間の休業が出ることで大幅な減産となります。

トヨタ自動車が工場の一時停止を発表している5工場

高岡工場  第1ライン 4月3日~4月7日

堤工場   第1、第2ライン 4月3日~4月10日

田原工場  第1ライン 4月3日~4月10日 第3ライン 4月3日~4月14日

トヨタ自動車九州  第1ライン 4月3日~4月15日

羽村工場  第1ライン 4月3日~4月6日

本当にこの期間だけなのかという疑問もありますが、現在の発表ではこの期間だけのようですので、今後新型ウイルの爆発的な増加があれば、さらに影響が出るかもしれません。

工場の一時停止による影響は、3万6000台の減産ということで、関連する会社にも影響が出るかもしれません。

関連会社への影響や他の中小企業の動向は

自動車1台を生産してお客様に納車されるまで様々な会社が関わっていくことになりますが、今後工場の一時停止を受けて大きく影響が出てくのは間違いないです。

車を構成する様々な部品を作る下請業者や自動車や部品を運ぶ資材関係や運送業者など、簡単に想像ができる仕事だけでも影響が出るのは想像できます。

 

下町の町工場で小さなネジやボルトを作るのをテレビで放送されたのを見た事がありますが、コストを考えながら必死に仕事していた姿を思い出します。

自動車が完成したら当然工場から店舗へ運びますが、車のサイズにもよりますが1台のトレーラーで7台ほどしか運べません。

 

関連する会社だけでなく、派遣で勤めている方にも影響が出てきますよね。

今回の工場の一時停止については大きく影響が出てきます

日産、ホンダ、スズキなど他メーカーの現状は

日産、ホンダ、スズキなど他メーカーについても各社工場稼働に影響が出ているようです。

アメリカでの新型コロナウイルスの感染が拡大していることから、海外の工場を一時休止しています。

日産では、3月20日から4月6日までアメリカ国内での工場の一時休止

スペイン工場では従業員3,000人を解雇 3月13日からバルセロナ工場を一時停止

ホンダでは北米(アメリカ、カナダ、メキシコ)の自動車関連工場を23日から6日間停止

スズキでは3月23日からインドでの2工場の稼働を停止。

マツダでは3月13日アメリカ部門の従業員に在宅勤務を指示。

三菱ではフィリピン工場を3月17日から一時休止

スバルではアメリカ生産拠点SIAを3月21~3月29まで停止

トヨタ以外のメーカーは海外の工場停止だけのようですが、今後も日本国内の工場にも影響が出てくるかもしれません。

日産、ホンダ、スズキなど他メーカーについても各社工場稼働に影響が出ていますので、日本全体にも影響が出てくるのも時間の問題のようです。

 

今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。